アーユルヴェーダハウス北海道はオーストラリアのアーユルヴェーダカレッジ(Ayurveda College Pty. Ltd.) に付属します。Ayurveda College Pty Ltd. は、ニューサウスウェールズ州のアーユルヴェーダハウスに43年以上本部を置いています。アーユルヴェーダカレッジはオーストラリア政府の承認した教育機関であり、国内外からの学生にDiplomaとAdvanced Diplomaのプログラムを提供しています。プラクティショナー育成のほか、クリニック経営、アーユルヴェーダ製剤の製造と販売も行っています。

オーストラリアのアーユルヴェーダカレッジでのコースや、付属クリニックについて詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。

http://ayurvedahouse.com.au

アーユルヴェーダハウス北海道は、道東の弟子屈町郊外、およそ3エーカーの自然豊かな土地にオープンしました。当センターは、トドマツ、ミズナラ、白樺などの木々に囲まれ、周辺には多くの野鳥やエゾシカが住んでいます。美しく穏やかな自然は、ストレスの減少や、幸福感を導き出すのを助けるということが知られています。この自然環境は、お客様がよりリラックスすることにより、セラピーの効果を上げ、お客様の自然治癒力を最大に引き出してくれるものと思います。

経営者の紹介

アーユルヴェーダハウス北海道 監督のジェイソン チャンドラー教授は、Ayurveda College Pty. Ltd. の創立者であり、オーストラリアのアーユルヴェーダカレッジで43年以上指導を行ってきました。チャンドラー教授はチベットでチベット医学の教育を受けた後、インドでアーユルヴェーダを学びました。チャンドラー教授はオーストラリア以外でも、インド、日本、香港、シンガポール、アメリカ合衆国などでもアーユルヴェーダを指導してきました。チャンドラー先生の深い知識と経験は国内外で尊重されています。

オーストラリア アーユルヴェーダハウスでの最初のアマラキ収穫

プラクティショナーの内呂由美子は、2003年よりインド、日本でアーユルヴェーダの勉強を始め、その後アーユルヴェーダカレッジでチャンドラー教授の指導を受け、Certificate IV, Advanced Diploma of Ayurveda の資格を取得しました。2020年までカレッジ付属のクリニックでプラクティショナー、講師などをしてきました。当センターはカレッジでの指導に忠実に従った伝統的なアーユルヴェーダを日本の皆様にお伝えするのが目的です。

オーストラリア アーユルヴェーダハウスでビビタキの植林